あい創会で学んだ内容

2009年4月14日(火)

 

講師 『OFFICE TAKAGI』高木さん

テーマ 【テレアポの取り方】

 

提案営業の「5ステップ」&「5トーク」フロー

【step1】アポ取りトーク ⇒ yes ⇒ アポ取得

【step2】ミーティングトーク ⇒ yes ⇒ ミーティング成功

【step3】提案トーク ⇒ yes ⇒ 提案成功

【step4】障壁トーク ⇒ yes ⇒ 障壁除去成功

【step5】クロージングトーク ⇒ yes ⇒ 受注成功

 

今回の講習では、上記【step1】についての実践です。

5分以内で相手に自社のアピールをし、且つ、相手の心を掴む方法です。

 

ポイントは客観性を用いた言葉で、自社の商品を説明するというコト!

 

【「どこどこ」で「なになに」の事業をしている「だれだれ」と言うモノですが、『A』で『B』を『C』する商品を扱っております。】

 

『A』=「ネタ」

『B』=「問題」

『C』=「解決」

 

上記『A・B・C』には、それぞれ客観性のある言葉が入る事が条件になります。

岐阜でイラストを売る商売を例として挙げてみます。

 

【岐阜でイラストを描いている○○ですが、『絵の力』で『ストレスを抱えた方達』へ『安らぎを与える』お手伝いをしています。】

※売り込まないということがポイントです。

 

この様な感じです。

同業者でなくても、絵が好きな方なら心を掴める気がします。

 

 

また、事業に必要な要素として、『カシス』の法則を勉強しました。

 

『カ』 ⇒ 「カクゴ」(覚悟)

『シ』 ⇒ 「システム」※☆図で表しています。

『ス』 ⇒ 「スイシンリョク」(推進力)

 

上記『カ・シ・ス』については、イラストにして下記に報告いたします。

あい創会報告
あい創会報告
あい創会報告Ⅱ
あい創会報告Ⅱ
あい創会報告Ⅲ
あい創会報告Ⅲ